CMO's Blog

Apple Pay はじめました♪ BMW Active Hybrid 3 に乗り換えました♪ Softbank から IIJmio に 乗り換えました♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

V37試乗 ~量産ハイブリッド世界最速車の味わい~






正岡局長のご厚意で

新型スカイラインを運転させて頂く機会を得ました



試乗したのは 350GT HYBRID Type SP

日産が、世界最速の量産ハイブリッド車 と CMで謳っているモデル です




極力、事前情報を入れずに試乗するのが自分の信条ですが

世界最速という言葉だけはインプットされてしまいました 笑




(350GTとAH3を並べて)






エクステリアは、写真で見るよりも迫力があり好感

また、このワインレッドカラーがよく似合っていると感じました








ハンドルを握らせて頂いたのは、街乗りを 1時間程度 と 高速を 1.5区間

要するに、存分に運転させて頂きました w





AH3では、普段はコンフォートモード、高速ではスポーツモード に 切り替える私ですが

350GTは、街乗りから高速まで 常にスポーツのままでいい と感じました



350GTのスポーツモードは、積極的にEVモード(エンジンを停めて走行)に切り替える仕様

コンフォートモードとの差を、もう少し意図的に付けても良かったんじゃないかな? というのが正直な感想










世界最速感として、アクセルベタ踏みでは AH3と似た感じ

タイム的には公式の発表(*1)通りかもしれませんが、体感的には誤差の範囲

(*1) 0-100km/h加速: AH3=5.3秒, 350GT=4.9秒




しかし、街乗り(パーシャル域)での 力感 は、期待値ほどではなく

スカイラインという名前に惹かれる層を考えると、もう少し演出があってもいいように感じました

(演出=コンフォートとスポーツの差をもっと明確にするという意味で)






ここで、我が AH3 とのスペックを比較してみます


SPEC比較BMW Active Hybrid 3SKYLINE 350GT HYBRID
エンジン概要直6 3Lターボ+ハイブリッドV6 3.5L+ハイブリッド
エンジン最高出力306ps/5800rpm306ps/6800rpm
エンジン最大トルク40.8kgm/1200-5000rpm35.7kgm/5000rpm
モーター出力54ps & 21.4kgm68ps & 29.6kgm
システム最大出力340ps & 45.9kgm364ps & トルク値不明
トランスミッション8速AT7速AT
全長x全幅x全高4625x1800x1440mm4800x1820x1440mm
ホイールベース2810mm2850mm
車両重量1740kg1800kg
車両本体価格745.0万円 (Msports)526.4万円 (TypeSP)








この350GTを買う層は、おそらく ハコスカ・ケンメリ世代

普段は静かに走っていても、時折 血が騒ぐような人達 でしょう 笑





その時の 演出 として、

スポーツモードはもっと割り切っても良かったような? なんて、感じながら試乗をしていた訳ですが



1200回転から最大トルクを発生出来るエンジン と

ピークが 5000回転にあるエンジンとでは、同じ加速感にならないのは当たり前





しかし、そこの所をうまくモーターで補って(演出して)


やっぱりスカイラインはいいねぇ~ と、

ハコスカ・ケンメリ世代を もっとニヤニヤさせて欲しかったな、なんて思った試乗でした












その後、局長といつもスタバで喧々諤々 w




欧州車に見られる強いキャラクター性


スペックではなく、乗って分かるキャラクターがあるからこそ

「これはいいね~」、「これはやり過ぎだろーw」 とか、会話に華が咲く訳です





350GTは 実にイイクルマ でしたが、そこに足りなかったのはキャラクター



日本車的 「お・も・て・な・し」 は 随所に感じましたので

次は SKYLINE is back とキャッチコピーを付けるような

スカイラインらしいキャラクターを育てていって欲しいと思ったおじさんなのでした








関連記事

| 試乗記 | 10:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT