CMO's Blog

Apple Pay はじめました♪ BMW Active Hybrid 3 に乗り換えました♪ Softbank から IIJmio に 乗り換えました♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

雨の中を疾走した中谷明彦氏のポルシェターボ





今日の記事は、中谷明彦氏の紹介から


日本でもトップクラスのレーシングドライバーでありながら
ジャーナリストを兼ねるという稀有な存在であり、
日産・GT-Rの開発主管を務めた水野和敏からは、

ジャーナリストの中で
「(GT-Rを)ちゃんと乗りこなせていたのは中谷明彦氏くらい」と高く評されている。



以上、wikipediaより抜粋



※注: 水野和敏氏は辛口で知られています。


================================




我々、ベスモ(=ベストモータリングというビデオマガジン=既に休刊)世代としては
中谷さんと言えば『ランエボ使い』,『ゼロカウンター』,『緊急回避テクニック』などが頭に浮かびます。

また、常に冷静なコメント、そして理詰めのドライビングスタイルからは、
物静かで、気難しい方なのかな?という、印象も少なからずありました。

しかし、ベスモ同窓会内での講義で、
冗談を交えつつ、分かりやすく理論を説明される姿を見てからは
元々の理論派イメージにプラスして、接しやすい人柄を感じさせて
益々、氏のファンになってしまった私でありました。



そんな折、正岡局長より
『中谷君の本を電子書籍化する事になったよ』とのお話を伺い、
更に『ポルシェの解説動画を撮るから、一緒にどうだい?』というお誘いまで頂いたのでした。


そりゃね、ふたつ返事ですよ 笑





中谷さんにお逢いするのは、東京で行われたベスモ同窓会以来2回目。
あの時は大人数の中でしたが、今回はわずか数名での会合です。


そりゃね、興奮もしますよ 笑







そして、当日

愛車のポルシェターボで登場した中谷さん
大切に乗られているのが分かる、極上の一台。




最新のポルシェとの乗り比べ、と称して行われた企画。

その時の一枚が、こちら。



(クリックで拡大します)








そして、愛車で疾走する中谷号。
運転するのは、もちろん中谷さん本人です。



(クリックで拡大します)








そして、その画像を電子書籍版の表紙に採用して頂きました。(^^)

ポルシェ911ドライビングバイブル【動画付特別版】  ~RRがスポーツドライビングの原点だ!
http://contendo.jp/store/contendo/Product/Detail/Code/J0010123BK0028101001/



(クリックすると電子書籍販売サイトにジャンプします)





ポルシェ・ドライビング・バイブルの中で語られている事は、目から鱗的な内容が多く
電子書籍版に添付される動画の中で語られていた、ハイドロプレーニングの公式は
ご自身が実際に豪雨のレースの時に実践されて、ブッチギリのタイムで走ったという逸話つき。

まさに理論派ならでは、ですね。





RR特有のドライビング理論も、まさに目から鱗。
ドリフトした状態から、更に踏み込む事で→リアにトラクションが掛かる→前に進む。

FRのドライビングがRRには当てはまらない。


現にポルシェカップにおいても、オールージュを駆け上がるスパフランコルシャンでは
トップグループは、全員ドリフトしながら駆け上がっていったそうです。

そのドライビングが出来ない人は、上位には行けなかったんだとか。


ニュルを911ターボで走ったガンさんのビデオでも
ドリフトの姿勢を保ちながらコーナリングしていく姿が印象的でした。


なるほど、ですね。





この後、何回か中谷さんとご一緒させて頂く機会がありましたが、
そのあたりの話は、また次の機会に。








関連記事

| AH3 Photo | 10:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT