CMO's Blog

Apple Pay はじめました♪ BMW Active Hybrid 3 に乗り換えました♪ Softbank から IIJmio に 乗り換えました♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【MVNO】SoftbankからIIJmioに乗り換えてみた【MNP】





3年ぶりに、iPhoneを買い換えた。


今回の目的はただひとつ。

毎月6500円程度掛かっている Softbank を辞め
格安SIMのMVNO系にMNPして、月額費用を抑える! という事。







◆ MVNO業者の選定


暫く情報収集をしていなかった間に、
MVNO業界も随分とシステムが洗練されてきていて

▼月額費用は大体1600円前後(パケット3GB契約の場合)
▼3日間で●GB使ったらアウトみたいな『3日間制限』は撤廃されている
▼当日中の移行も可能(以前は2~3日程度の空白期間があった)

などなど、
乗り換えるにあたり『気は熟した』と判断したのである。




MVNO系業者はたくさんあるが、
速度と安定性(将来性)を考えると、自ずと絞られてくる。

ここでいう安定性とは、
回線品質が劣化してきた時に、増強する意思があるか?という事


絞り込んだのは、後輩君が使っていた NifMODMM mobile
そして、DMM mobileに回線を貸し出している IIJmio の三社とした。

この中から、NifMOは 直近3日間のパケット制限(650MB)があるため、脱落。


残るは、DMM mobile と IIJmio という事になるが、
調査中に IIJmio が大幅増速工事を行なった事から、それを決め手として IIJmio を選ぶ事とした。

尚、速度に関してはこちらのサイトを参考にさせて頂きました。
http://kakuyasu-sim.jp/speed-test-on-9-28-2015







◆ 端末の問題


Softbankから MVNO系に乗り換える場合において
一番のネックとなるのが、対応している端末を持っていない という事。

というのも、MVNO系各社は、
殆どの会社が docomoから回線を借りている ため、
現在、docomoと契約しているのであれば、その端末をそのまま流用出来るのだが、
Softbankを利用している場合は、そういう訳には行かない。

平たく言えば、
今使っている端末はゴミ箱に捨てるなり、文鎮として使ってくれ、という事だ。



無論、MVNO系でもそのあたりは承知しており
Android系の格安端末とセット割、みたいな事はよくやっている。

だがしかし、
私はiPhoneを使いたいのだ。






そこでここは大人のパワープレイ。
Appleにて、SIMフリー端末を購入するという単純明快なパワープレイをする事にした。

無論、端末単価は非常に高い。(98800円+税)

しかし、ここで妥協すると、後々後悔する事になるのは目に見えているため、
端末だけは妥協しない、と ここの判断だけは躊躇しなかった。無論、懐は くっそ冷えた。







◆ いざ、MNP


9/30
Apple公式サイトでiPhone6sを発注する。

発送予定日は 10/7-10/9との事。
よって、10/10(土)~10/12(祝)の間にMNPする事になるだろう。



…と思っていたら、
10/2に 『明日(10/3)届けるよー』 と Appleからの発送連絡(ショートメール)が届いたため

その晩、慌ててMNP番号を取得したのは言うまでもない。

ここで、Softbankのオペレーターさんには随分とお引き留め頂いたが、丁重にお断りさせて頂いた。








そして、10/3 (土) AM8:30、そいつはやってきた。





iPhone6s 64GB
iPhone4S, iPhone5と黒系を選んできたので、今回はシルバーとした。




10/3 AM10:00
開封の儀をする間もなく、地元のイオンに行く。
イオン内の携帯ショップに赴き、店員さんにMNPしたい旨を伝える。
(イオンでMNPすると、1GB増量+600円分の無料通話が付く)

サクサクと説明を受け、すぐにMNP化の処理に入る。
この間、約50分間という事で、店内を散策するがすぐに飽きる。


AM10:40頃、手持ちのiPhone5が圏外となり、
長年連れ添ったSoftbankともあっさりお別れとなった。



AM11:10、指定された時間になったので
先程の携帯ショップに戻り、SIMを受け取る。





ルンルン気分で愛車をぶっ飛ばし、速攻で帰宅。

まずは、元のiPhone5をPCにぶっ刺し、iTunesでバックアップを取る。
この時、暗号化バックアップにしておくと、後で色々と捗るのでオススメ。

続いて、そのバックアップデータをiPhone6sに戻す訳だが、
iTunesのバージョンが古いという事で、まずはそちらのアップデートをする羽目に。

iPhone6sを買う人は、先にアップデートしておく事をオススメする。




無事、iTunesのアップデートが終わり、
気を取り直して、真新しいiPhone6sをパソコンに繋ぐ。

ぱーっと明るい光が宿り『こんにちは』という文字が現れる。
とても華やかな気分になる瞬間だ(適当)



先程のバックアップからの復元を選び、しばし放置。

途中、iCloudのアップデート中です… で、フリーズしていたようだが、
ホーム&電源ボタン長押しで再起動すると、セットアップが続行し事なきを得た。





早速、回線速度の計測をしてみた結果がこちら






休日の14時前後という事で、軽いのは百も承知だが
それにしても必要十分というか、驚くほどの速度が出ている。

これで、月額1600円でいいとか、マジ?


とは言え、昼休みなどの時間にはクッソ遅くなるようです。
そりゃそうだ。そうで無けりゃ7000円払ってる人はやってられない。







◆ 雑感


iPhone5を発売日にアキバヨドで一括購入してから、早3年。

LTE化の恩恵も十分に受けてきたが、
そろそろiPhoneというものに飽きていたのも事実。

その飽きたものに、毎月6500円も払っているという事に
少なからずストレスを感じていたので、今回のMVNO化発動となった。



iPhone5は iOS7で運用していたが、
iPhone6sは、それよりもかなりサクサクの印象。

現在は自宅のWi-Fiで繋いでいるため、
3G/LTE回線の使用感は、追々インプレッションしていこうと思う。







◆ MVNO化について


一時期に比べて大分わかりやすくなったとは言え、
自分でiPhoneに設定ファイル(APN)を入れる作業があるなど、若干難易度は高い。

そのため自ら情報収集をしたがらないシロウトにまでオススメしようとは思わないが
多少の手間を惜しまないという人なら『試してみる価値はある』と言えるレベルになっている。


何にせよ、これが1600円で運用出来るというのが凄い。

私のように、
普段はほぼ通話をせず、ネットもLINEと2chまとめアプリぐらいしか見ず、
Youtubeは自宅のWi-Fi環境でしか殆ど観ない、なんて人は、まさにうってつけ。




昔、格安系と言えば
端末はロクなものがなく、回線のエリアも狭いというのが当たり前だった。


それが、今では
端末は最新機種を使え、エリアもdocomoのそのものなのだから、
費用が安い分、我慢して運用する、という時代では無くなったのだと感じた。


果たして、
これからの運用でどの程度のストレスを感じるのか?

そんなことも、
ある意味、楽しみにしている。







◆ 平日昼間の通信状況について(2015/10/5追記)


昼休みど真ん中な時間帯にて、速度測定をしてみた結果がこちら





予想通り、数値的には惨憺たるモノであるが w
使用感的には、さほど悪くなっていないというのが実感。

体感的に、Webの表示スピードは70%ぐらい、って感じ。


Youtubeについても、再生が途中で止まる事はなく
横表示(Wide)にしても、著しい画質の劣化などは無かった。

おそらく、360pあたりで再生しているものと思われる。







◆ 広告ブロックについて(2015/10/5追記)


Webブラウジングで、体感的にさほど差を感じないのは、
iOS9から利用可能となった 『広告ブロック機能』 が随分と効いていると思う。

メインコンテンツより、広告の方が遥かに重いだろうしね。
それを読み込まなくていいのは、パケット的にも随分貢献していると思われる。


広告ブロックには、1Blocker というアドオンを使っている。

ブロックの仕方などは、こちらのサイトを参考にさせて頂きました。
https://murashun.jp/blog/20150921-01.html














◆ 関連リンク ◆

音声通話機能付きSIM みおふぉん(3GB 月額1600円)
https://www.iijmio.jp/hdd/miofone/




関連記事

| MVNO+iPhone6s | 21:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT